アコム、プロミス等に思うこと

私は消費者金融機関を一度も利用したことはないが、周りの人は結構利用していた人が多かった気がする。

しかし借りる理由は生活苦だからとか投資をしたいからといったことでは全くなく、「パチンコやパチスロであと少しで出そうなのに、お金が無くなってしまったから」「携帯電話代が払えなくなってしまったから」といったなんともずっこけるような理由であった。

利子も馬鹿にならないし、最終的にはお金を多く出費してしまいトータルで損になるわけであるから、一時の入用と言えど、致し方ない場面もあるのかもしれないが娯楽やなくてもいいような出費に対してお金を借りるようなことはしないほうがいい。

しかし最近の若者は年寄よりもお金にしっかりしている人が増えている気がする。「借金をして首が回らない」と言っていたり、明らかにお金に困っていそうなのは若者というより40~50代以降の人に多い気がする。それには時代背景もあるのではないかとも思う。

今の若者は日本経済が失われた20年を迎えている不景気時代で育ち、お金に苦しむ大人をマジかで見て育っているし、自身も贅沢はできなかったはずだ。

年配の方に「自動車を買ったらどうだ?なぜ欲しくないんだ」というようなことをよく言われるが、ここまで交通が発達した現代で、全否定するわけではないが道も狭く、マナーも悪く、渋滞もあり目的地到着時間も不鮮明な乗り物にじゃぶじゃぶガソリン代をつぎ込んで移動するのはメリットがあまりなく、どちらかというとデメリットのほうが多い気がする。

自動車や不動産、娯楽といったすべての面でも、日本人は今一度お金に対する考え方を改めるべき地点に差し掛かっているのではなかろうか?

アコムやプロミスってどうなの?